ピルを通販で購入する女性
2018.04.27 この記事は約342秒で読めます。

アフターピルはジェネリックのアイピルがおすすめ

アイピルは避妊薬いわゆるアフターピルで、ノルレボのジェネリックに当たります。
アイピルは行為後24時間以内だと95%の確率で避妊することができると言われています。
アイピルは緊急避妊用としてよく使用されていて、ジェネリック医薬品になるので比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。

一般的にアフターピルは行為中に避妊を失敗してしまう場合でも、24時間以内にきちんと服用すると90%以上の確率で避妊に成功することができます。
通常のピルとは違ってその日だけ服用する薬で、万が一に備えて携帯している人が多くいるでしょう。
アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵周期を遅らせたり、受精しないようにするなどの効果があります。
通常のピルの場合は毎日同じ時間に服用しますが、飲み忘れることが多く避妊に失敗するようなこともあるでしょう。
アフターピルはそのような煩わしさがないので、比較的楽に避妊することができる薬です。
あくまで緊急用になるので毎日の服用は禁止されています。

アイピルはノルレボに当てはまり、一般的なノルレボ2錠に含まれている成分が1錠に凝縮しているので1錠の服用で効果を得ることが可能です。
アイピルは行為後72時間以内に1錠飲むと良いでしょう。
行為後24時間以内に服用すると95%という高い効果を得ることができ、できる限り早い段階において服用することをおすすめします。
72時間以内に服用すると避妊効果は75%と言われています。

服用する際はジュースなどの飲料はやめ、水や白湯で飲むと良いでしょう。
インターネットなどにある個人輸入サイトを利用すると、比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。
プライベート梱包などで郵送されるので、周囲の人に知られずに購入することができます。
もしもの場合を想定し携帯し、また万が一使用する際には適切な量を服用し、注意点を守ることによって効果を得ることができるでしょう。

アイピルで失敗しないための注意点

アイピルで失敗しないための注意点がいくつかあります。
行為後72時間以内に1錠服用するのですが、ジュースなどの飲料ではなく水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。
24時間以内になると、より避妊率がアップします。

アフターピルを服用した後、嘔吐したり下痢になったりした場合は医師に相談し、効果や服用・使用方法などに関して商品説明書や一般的な薬剤情報をよく確認する必要があります。
中には嘔吐や下腹部の痛み、頭痛やめまい、下痢や倦怠感などの症状があり、妊娠中の人はアイピルを服用できません。
他の治療を受けている人は医師とよく相談してから服用しましょう。高温多湿を避けて涼しい場所で保管します。

アイピルは海外製品になるので、購入するとなると個人輸入になります。
基本的に個人輸入したアイテムを自分で服用する場合は法律上特に問題ありません。
但し個人輸入したものを他人に渡すと違法になるので、個人輸入を代行しているサイトや業者で注文することが可能です。
海外製品を個人輸入しているサイトは多く、すべてのサイトが正規品を販売している保証はなく、偽物を販売しているサイトもあるので注意しましょう。

服用時間が遅いと効果をきちんと得ることができない場合があるので、適切な時間内に確実に服用することが大切です。
もし服用する時間が遅い場合、避妊に失敗する可能性もあるのでその際は医師に相談することをおすすめします。
アイピルはジェネリック薬品なので通常の薬よりもコストを抑えて購入することができ、インターネットなどを利用すると安価で注文することができるでしょう。
正規品を購入することが重要なので、信頼することができる店舗を見つけることが大切です。